紙工作・こども造形教室 しめじ屋



isaom.jpgみずたにいさおが作る紙工作。それは「紙」を使って食べ物を表現するアートです。

食べ物や食材のおいしさや美しさを、子供からお年寄りまで多くの方に伝えたい…。材料である紙と表現する料理、それぞれの素材感を大切にしながら作品づくりをしています。

特別な道具を使わず、紙と木工用ボンドと手だけで作りあげるシンプルな作風が、多くの方の共感を呼んでいます。皆さんも「紙料理の世界」に触れてみませんか?

作品ギャラリーを見る

作家プロフィール

みずたにいさお:紙工作作家・横浜市旭区在住

自己紹介:
世界にただ一人のしめじをつくる紙工作作家。
イメージをかたちにするデザイナー兼プロデューサー。
縁を円につなぐコミュニティづくらー。
昔の商人をつくるあきなうこころ伝道師。
おいしいものをこしらえる素人料理人。
幸せ創造劇場(即興劇)アクター。
癒しの声を持つおっさん。
以上7つの顔を持っています。

twitterもやってます→→→

2010年 2月〜 2012年 2月:

秦野市立大根小学校 特別支援学級にて、図画工作の外部講師を努める

2010年 6月:

HPリニューアルに伴い、しめじ屋ネットショップを一時閉店

2009年:

旭区民活動支援センター「みなくる」にて作品展示(10月)
横浜市生涯学習アドバイザーに登録(9月)
横浜市旭区民文化センター「サンハート夏休みオープンデー」にて作品展示・工作教室(8月)

2009年 2月:

横浜ケーブルビジョン(YCV)「週刊TokuTokuマガジン」にてTV放映

2007年 秋:

横浜市内で、出張紙工作教室を始める

2006年 秋:

しめじやネットショップ開業

2006年 春:

「しめじ屋」ブランドを立ち上げ、紙工作の製作、販売を開始

2005年 春:

名古屋・東京・福島で開催された各アートイベントへ作品展示
千葉県市原市で開催されたアートイベントへ作品展示

2004年 夏:

第14回島田紙わざ大賞の応募作品「涼味懐石膳〜夏の懐石料理2004」が入選。

2003年 秋:

店舗設計デザイン業の傍ら、紙でつくる食べ物アート「紙料理」を考案、創作活動を始める。